キリスト教

メッセージ

9月5日:死後の世界④ ハデスからの救出

聖書を知らずに、ひょっとしてハデースに行ってしまったかもしれない私たちの先祖たち、大切な人たちのために、イエス・キリストが成し遂げてくださった救い、預言とその意味と方法など、聖書に基づいて考えてみましょう。※より詳しい音声はYOUTUBE...
メッセージ

3月21日:祝福に満ちた神-偽物『繁栄の神学』にご用心

私たちが信頼する神は、祝福に満ちた唯一の主権者です。私たちを大いに祝福してくださいます。祝福とは、神が自らの恵み(恩寵)を授けることです。ところが今日、神が与えてくださる祝福と異なるニセモノが多くの教会を汚染しています。 実質的に...
メッセージ

証し:10年間持ち続けた算命学をキッパリ捨て去った!

10年間続けていた算命学の鑑定の仕事、勉強、それを止められた証しです。 ライフワークとして 算命学は凄い学問だ!そう思って真摯に勉強に取り組んで来ました。日本にいる時から10年以上、算命学を学び、人のためになると思って占って来...
メッセージ

1月24日:「驚異的からし種の信仰」~信仰のずれずれ~

イエス・キリストに選ばれた弟子たちも、実は3年半のイエス様の公生涯の初めから最後の最後まで、「信仰のずれずれ」のままでした。私たちはどうでしょう。その現実を知らないと聖書を正しく解釈できないでしょう。イエス様が願っていることと、私たちが求...
お知らせ

子供向け学び「聖書と性」開催

開催日時 2021年1月24日(日)14時(NZ時間) 場所 JBE(Japanese Bible Ecclesia)を開催している個人宅で、大人のメッセージと並行して行います。新しく来られる方はご連絡下さい。詳しい場所...
メッセージ

11月8日:救い、その次の一歩(永遠の保証についての考察)

前回「選びと救い」についてお話ししました。「イエス・キリストを信じれば、誰でも救われる」つまり永遠のいのちが頂けるという「救い」について特化して話しましたが、今回はそのさらに先、救いを頂いた後について『救い、その次の一歩』と題して考えて...
メッセージ

9月20日:ルツ記2章

ルツはユダヤ人ではありません。呪われていると言われていたモアブ人でした。しかし今まで慣れ親しんだ場所、習慣、家族や神からも離れ、まことの神、イスラエルの神に従った結果、本人も思いの寄らない神の導きと祝福に預かることになります。 今回...
お知らせ

8月30日の礼拝について

オークランドは日曜日の深夜までレベル3が続きますので、今まで通りZOOMで集まりましょう。 礼拝スケジュール ○ 1:45~ ZOOMでアクセスを開始!○2:00~2:30 JーBE礼拝賛美「10000 Reasons, H...
メッセージ

3月8日:W.P.さんの証(ムスリムからクリスチャンに)

両親ともムスリムという家庭に生まれたW.P.さんは、ジャカルタのとある村出身。お父さんはドイツ系の会社で働いており、収入は悪くありませんでしたが、ギャンブルやアルコールに稼いだお金を全て注ぎ込んでいました。 夜中出歩いて帰ってきたお...
お知らせ

3月8日:日曜礼拝のお知らせ

3月8日はイスラム教徒からクリスチャンとなり、DVを受けながらも家族が救われた方の証をして頂きます。通訳がありますので、英語の分からない方でもどなたでもお越しください。 通常礼拝は2PMからスタートです。場所の詳細はこちらよりお問い...
メッセージ

1月26日:サタンの陰謀

創世記3:1~5/ここから既に、サタン(ナチャーシュ)の陰謀が働いています。因みに”蛇”と訳されているサタンですが、”野の生き物のうちで”他の誰よりも賢かった(ヘブライ語では、ずる賢い、美しく光り輝いているという意味もあります)サタンは、...
メッセージ

11月3日:聖書の語る霊界と死後の世界(過去~未来へ)改訂版

「死後の世界と霊の世界」を聖書全体は、どのように示しているのかを共に確認し、聖書から学び、未来に備えていきましょう。今回は次回に引き続く内容ですが、プリントを一部改定しました(最後に添付します)。 死んでおしまいではありません。死ん...
メッセージ

10月27日:預言と全き安息

今回は特に個人への預言、『死後の世界と霊的な世界』など、聖書全体から見てみたいと思っています。 以下に図説したものを貼りますのでご覧になって下さい。
メッセージ

10月6日:問題を祝福に変える秘訣

―どのようにして一人が千人を追い、二人が万人を敗走させたであろうか。―申命記32:30より 問題に直面すると自分の弱さ、足らなさ、力不足、不信仰が嘆かれます。問題が長引くと、だからダメなんだなどと自虐的になりがちですが、実はそれらは...
メッセージ

9月15日:Break every chain 3「死の恐怖からの解放者イエス・キリスト」

Ⅰコリント15:26/最後の敵として滅ぼされるのは、死です。 黙示録20:14に”死とよみは火の池に投げこまれた”とあるように、人間最後の敵である死も滅ぼされます。仏教によると、死は自然なことだそうですが、聖書によると死は”罪の結果...
メッセージ

9月8日:Break every chain 2『恐怖と奴隷の霊からの解放者 イエス・キリスト』

前回は数々の呪いから解放してくださるイエス・キリストについて先週学ばせていただき、解放された方から今週も喜びをシェアさせていただきました。本当に感謝です。先週の日曜日もLGBTIQについてともに学ばせていただきました。今後私たちが何がLG...
メッセージ

9月1日:Break every chain 1「鎖を断ち切る1(呪い)」

唯一の救済者イエス・キリストについて学びたいと思います。鎖とは手かせ、足かせ、首かせ、そして、霊魂をも縛り付けている鎖です。奴隷は自分でどうすることもできないから奴隷なのです。イエス・キリストだけが唯一の解放者です。どのようにして解放して...
メッセージ

8月25日:聖書と性的マイノリティ

多くのクリスチャンが、教会が、避けて通る話題、それが『性的マイノリティ』ではないでしょうか。 現代において自分が、家族が、隣人が、知り合いが、LGBTIQであるということは最早普通になりつつあります。もしあなたの通われている教会、集...
メッセージ

8月18日:怒りの処理の仕方を、聖書に学ぶ

怒りの処理の仕方を間違えるとかえってつらいですね。ある人と話をしながら、その方が勧められた怒りの処理の仕方でかえって、苦しんでおられるのを知りました。 はたして、赦せないのにとにかくゆるし、怒りを手放し、自分を押し殺していきているの...