イエス

メッセージ

4月26日:バラバが歩むエマオへの道

今年は4月4日がご復活でした。神の御子であるイエス様が私たちの代わりに、負うべき罪の一切を背負って下さり、十字架に掛かって下さったお蔭で、私たちが、神の子供となることが出来たのです。私たちがイエス・キリストに信頼した時、新しく生まれ変わり...
メッセージ

4月4日:キリストの再臨・携挙間近①

アセンションを期待されている方も結構いるようですが、それは起こりません。アセンションが起こる根拠、選ばれる理由、アセンションはサタンの…等など。預言の成就からイエス・キリストの再臨と携挙は確実に間近に! 天に引き上げられる携挙にあな...
メッセージ

3月28日:舟を出る-マタイ14:29-

「マタイ14章」は大事件や、奇蹟の詰まった章です。バプテスマのヨハネの処刑シーンから始まり、他ではあまり見ない、病人の癒し以外の奇蹟が立て続けに行われます。イエスは何を考えられて、これらの奇蹟をされたのでしょうか?弟子たちに何を学んで欲し...
メッセージ

3月21日:祝福に満ちた神-偽物『繁栄の神学』にご用心

私たちが信頼する神は、祝福に満ちた唯一の主権者です。私たちを大いに祝福してくださいます。祝福とは、神が自らの恵み(恩寵)を授けることです。ところが今日、神が与えてくださる祝福と異なるニセモノが多くの教会を汚染しています。 実質的に...
メッセージ

2月21日:病いの癒しのための祈り1-全能者への信頼-

天地の造り主に、病気が治るように真剣に祈ったことはおありでしょうか。癒しに限らず祈りに果たして応えていただけるのかと、 不安を感じていませんか?!どうして答えられないのか。どうしたら、祈りが応えられるのか、何が必要かなど、共に考えてみまし...
メッセージ

2月14日:良い木と悪い木‐マタイ12:33より‐

「良い木と悪い木」の話を読んだことはありますか?良い木なら必ず良い実をつけ、悪い木はその実で分かる、というものです。一見、良い行いをすれば良いことが返ってくる、その逆もまた然り、という因果応報を思い浮かべてしまいます。頑張って良い実を結べ...
メッセージ

証し:10年間持ち続けた算命学をキッパリ捨て去った!

10年間続けていた算命学の鑑定の仕事、勉強、それを止められた証しです。 ライフワークとして 算命学は凄い学問だ!そう思って真摯に勉強に取り組んで来ました。日本にいる時から10年以上、算命学を学び、人のためになると思って占って来...
メッセージ

2月7日:断食の嘘ホント-隠れたところで-

「この種のものは、祈りと断食によらなければ、追い出せません。」とイエス・キリストがおっしゃっていますが、「断食」は不可欠のもの? 「食物を断つことを命じるのは、悪霊の教え」ともあります。私たちは、どのように断食を受け止めていったら良いので...
メッセージ

1月3日:ルカ18章より『祈り』

いつでも祈るべきで、失望してはいけないことを教えるために、イエスは弟子たちにたとえを話された。ある町に、神を恐れず、人を人とも思わない裁判官がいた。その町に一人のやもめがいたが、彼のところにやって来ては、『私を訴える人をさばいて、私を守っ...
メッセージ

12月27日:神の全能の力を体験する

2020年、世界的には新型コロナ・ウィルスが世界中を席巻し、あちこちで都市封鎖もあり、現在も移動や集会に制限のある国や地域がほとんどです。改めて兄弟姉妹で集まって、礼拝を捧げられることの喜び、イエス・キリストを伝えていくことの重要さを実感...
メッセージ

11月22日:正しい人

新約聖書、ルカの10章25節から37節には、「どうしたら永遠のいのちを受け継ぐことができるでしょうか」と聞く律法の専門家と、彼に『善きサマリア人』の例え話で返されるイエス様のやり取りが出て来ます。英語でもGood Samaritansとい...
メッセージ

11月15日:裁き前をどう生きる〜エノク

人類の裁きが明らかな時代に、どのように生きたら良いのでしょうか?旧約のエノクと携挙前の私たちは、いろいろと重なるところがあります。どう生きたら良いのか?その示唆をエノクから受け止めたいと思います。 エノク エノクの系図 ...
メッセージ

11月1日:選びと救い

今回は選びと救いについて歴史から、みことばから、考えてみたいと思います。主はアブラハムがまだ”アブラム”だった頃、バビロニア、ウルの地から彼を選び出し、彼を通してイスラエルの民を造られ、律法を与えました。ユダヤ人は選びの民なのですが、なぜ...
メッセージ

10月18日:ルツ記4章

短く凝縮された物語の中で、神の救いのご計画と、その成就の鍵を見てきました。自分の過去の一切と決別して、真の神を選んだルツ。ルツの幸せを願うことで、彼女を導くナオミ、そして贖い主、メシアの型とも言える誠実なボアズの恵み。最後の4章はいよいよ...
メッセージ

10月4日:ルツ記3章

3章にタイトルをつけるとすれば、表面的には『ルツの大胆な婚活』と言えます。現代の感覚で読んでも、ドキッとするような方法でルツは求婚をするのですが、読んで行くと、、根底に流れるテーマは『主が約束された恵みへの信頼』であることに気付かされます...
メッセージ

9月20日:ルツ記2章

ルツはユダヤ人ではありません。呪われていると言われていたモアブ人でした。しかし今まで慣れ親しんだ場所、習慣、家族や神からも離れ、まことの神、イスラエルの神に従った結果、本人も思いの寄らない神の導きと祝福に預かることになります。 今回...
メッセージ

9月6日:ルツ記1

今皆さんと学んでいる『使徒の働き』、2章の最初に『五旬節の日になって』とあります。この五旬節は別名ペンテコステといい、使徒たちに聖霊が下った記念すべき日ですが、ユダヤ教でもこの日は『七週の祭り』というお祭りの日です。この日には伝統的に、ユ...
メッセージ

8月30日:生きるのがとっても楽になる!

「天の父のように完全であれ。」マタイ5:48は無理難題をあえてイエス様が言われ、誰もが失格だと示されたことを前回学びました。しかし、完全をわきまえるよう勧められています。なぜなら、完全をわきまえないと、自分を苦しめ、人を苦しめることになる...
メッセージ

8月23日:再臨・携挙の準備は?-天の父のように完全になれー

「だから、あなたがたは、天の父が完全なように、完全でありなさい。」マタイ5:48 「天の父のように完全であれ。」とは、どう言うことでしょうか? 携挙が近い今、私たちが備えるべき資質として、大事なご命令の1つ? 無理難題のように思えま...
メッセージ

8月16日:聖書的瞑想の勧め5-思いを変える-

「思い返す」瞑想と聞くと、皆さんは何を思い返しますか?非常に間違った「思い返し」をしている方が多いようです。せっかく時間を取っても、聖書が勧めていない、日本人的な「思い返し」や「反省」では、マイナスになります。聖書が勧める「思い返し」ハー...