聖書

メッセージ

11月13日:聖書終末預言㊼第三のわざわいの前に「天の巨大なしるし」

啓示録12章の「天の巨大なしるし」 とは、なんでしょうか? 何が起こるのでしょう。神は、過去と現在と未来に何が起こり、何が起ころうとしているかを全人類に見せられるようです。ひとりの婦人とは、誰のことでしょうか? 聖書が伝える未来の預言から...
メッセージ

9月4日:聖書終末預言㊲:人間が葦の竿で測られる

今回の内容は、7年艱難期の半ばで起こることについての続きです。 「葦の竿で、人を測れ」とは何を意味しているのでしょうか? 「葦の竿」とは?人間の何を測るのでしょうか? 7年艱難期の後半の大艱難期に突入する前に、あえて人間を測...
メッセージ

8月28日:聖書終末預言㊱:第六の角笛4;口に甘く腹に苦い

大変な裁きが実行される前に、口に甘く腹に苦い小さい巻物を食べるように勧められます。「口に甘く腹に苦い」とは何を意味しているのでしょうか?私たちもこの体験ができます。そしてその体験が必要とされています。前回に続き啓示録の10章から学びましょ...
メッセージ

8月21日:聖書終末預言㉟:第六の角笛3;時はもはや延ばされない;光の天使が味方に

最後第七の角笛が吹かれる前に、第三のわざわいの前に重要な内容が伝えられます。「時はもはや延ばされない」とは何を意味しているのでしょうか? 上位の力強い天使がヨハネに示したこと、書き留めることを許されなかった内容?これらは7年艱難期の...
メッセージ

7月18日:聖書終末預言㉚第4の角笛;核の冬EMP後の世界

驚くべきことに1ユーロがほぼ1米ドルに下落! 株価も下落!メンテナンス中の露から独への天然ガスのパイプラインが7月22日に再開しても、露が天然ガスを供給しなければ、2023年1月末には天然ガスが枯渇するそうです。 一方、エゼキエル戦...
メッセージ

7月10日:聖書終末預言㉙第3の角笛の後編;河川と水源の汚染と死

すでに飲料水の汚染により多くの人が病気になり、苦しむようになってきました。しかし、聖書の預言によると艱難期においては、さらに深刻で大規模な河川と水源の汚染によって死がもたらされるようです。 どうやって、そのようなことが起こりえるので...
メッセージ

7月3日:聖書終末預言㉘第3の角笛;水源の汚染

まさかと思いたいのですが、聖書の預言によると艱難期において、陸地の1/3が焼けただれ、さらに、海の1/3が死滅!陸地と、海で多くの人たちも殺されます。第3の角笛で、水源の汚染で多くの人が死に至るようです。どうやって、そのようなことが起こり...
メッセージ

6月26日:聖書終末預言㉗/第2の角笛、地球の破壊

核爆弾が使われる可能性について、前回見てきました。多くの人類を巻き込んだ核爆弾の使用で、地表の1/3が焼けただれることになるようです。さらに海の1/3が…。一体何が起ころうとしているのでしょうか? なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか...
メッセージ

6月12日:聖書終末預言㉕/第7の封印;天界が沈黙したワケは!

ついに最後の封印が解かれます。その時天界は半時間ほど沈黙してしまいます。なぜでしょう? その沈黙は何を意味しているのでしょうか? 何が天界を沈黙させたのでしょうか? 巻物に書かれているものは、なんでしょうか? 何が地上に、もたらさ...
メッセージ

6月5日:聖書終末預言㉔/続々々第6の封印;地球外生命体と警告

UFOとか地球外生命体とか、NASAが情報を隠しているとか、最近極秘情報を公開し始めたとか?本当のところ、UFOや地球外生命体は存在するのでしょうか?聖書に非常に興味深い記録を見つけました。ひょっとしたら、・・・ともに考えてみましょう。 ...
メッセージ

5月22日:聖書終末預言㉒続・第6の封印;巨大津波と救い

「さる痘」の感染者、天然痘のワクチン製造開始、更なるパンデミックの気配です。 第6の封印が開かれる時、世界各地で巨大津波が襲いかかります。戦争も食糧戦争、飢餓もパンデミックもさらにひどくなるようです。「誰が耐えられるだろうか&#x...
メッセージ

5月8日:聖書終末預言⑳第5の封印;血の復讐

多くの亡くなられた方々が集められた姿をヨハネは見ることになります。  なぜ、彼らはそこに集められているのでしょうか?   彼らは「血の復讐」を求め、無実の証明と裁きを神に求めています。   一体何かあったのでしょうか?   その答え...
メッセージ

5月1日;聖書終末預言⑲第4の封印 1/4人口削減

すでに推し進められている邪悪な計画が、押し進められ、第四の封印が開かれる時に15億人もの人たちが殺されることになるというのです。閲覧注意の画像も含めて、その時に起こる序奏が、すでに世界規模で鳴り響いています。その前に、私たちは、どうしたら...
メッセージ

4月24日:聖書終末預言⑱第3の封印;食糧戦争飢餓

仕掛けられ仕組まれたウクライナ戦争の中で世界中の人々が苦しんでいます。インフレは最悪です。あえて戦争を長引かせ食糧危機を煽り、艱難期に起こると予見された最悪の飢餓が目の前に迫っている気配です。私たちはどう備え、サバイバルしたら良いのでしょ...
メッセージ

3月27日:聖書終末預言⑭グレートリセットのはじまり

現在悪のグレートリセットが強引に推し進められているように思われます。グレートリセットは、もはや陰謀論ではなく、首相がグレートリセットを公言しています。世界は全体主義、社会主義、共産主義へと向かうグレートリセットを起こそうとしている者たちが...
メッセージ

3月13日:聖書の終末預言⑫患難期前② 〜 確実な準備〜

なんと、米が関わる生物兵器研究所がウクライナにいくつも存在していたようです。ネオナチがロシア語を話すウクライナ人を殺してきたことは8年続き、どさくさに紛れて不都合な存在を抹殺、教会もターゲットとされているようです。苦しんでいる人々のために...
メッセージ

3月7日:聖書終末預言⑪- 艱難期前”平和と安全”①-

ロシアとウクライナとの戦争? のメディアの報道や画像や動画には、役者の演出、嘘やヤラセやフェイクが混ざっていて、CGで加工され、2014年の戦争の時の画像や映画のシーンや、ゲームの背景まで、あたかも現在起こっているかのように報道されていま...
メッセージ

1月16日:聖書の終末預言④暗黒を預言 ヨエル❷

前回に続き4つの「暗黒」の後半2つも、神の最大級の裁き「ヤハウェの日」と関連しており、法則性が見えてきます。おそらく今年も暗黒の日は起こらないでしょう。しかし、携挙はスタンバイです。後どのぐらいの時が残されているのかわかりませんが、時がか...
メッセージ

1月9日:聖書の終末預言③ 〜暗黒を預言したヨエル❶〜 「暗黒の日は?」

今年あるいは近い未来に「暗黒の3日間」が来る? 本当ですか?一方、2800年前の神の預言者ヨエルは、「暗黒」が来ることを4回も預言してきました。それは神の裁きに関係しています。 「ヤハウェの日」という裁きの日と同時に、裁きから逃れる...
メッセージ

1月2日:聖書の終末預言②〜希望の預言者エノク〜

およそ5000年前の預言者エノクは2022年に生きる私たちに、希望となる重大なメッセージを預言し伝えています。 前々回のやり残しで、アベルはなぜ殺されてしまったのでしょう。殺される前に、なぜ、神様は助けてくださらなかったのでしょうか...