ヨハネ

メッセージ

9月12日:愛ってなんだ

イエス様が受けてくださった十字架の救いを受け取り、永遠のいのちのプレゼントを頂いた後にも、「神の愛ってなんだろう?」そもそも、「愛ってなんだろう?」と疑問に思っている方はいませんか?謎の多い言葉「愛」を、漢字の成り立ちや意味、歴史から探り...
メッセージ

3月28日:舟を出る-マタイ14:29-

「マタイ14章」は大事件や、奇蹟の詰まった章です。バプテスマのヨハネの処刑シーンから始まり、他ではあまり見ない、病人の癒し以外の奇蹟が立て続けに行われます。イエスは何を考えられて、これらの奇蹟をされたのでしょうか?弟子たちに何を学んで欲し...
メッセージ

2月28日:私の主、私の神よ-ヨハネ20:28-

ヨハネの福音書を通してイエス様に触れてみたいと思います。使徒たちはそれぞれの視点から福音書を書いていますが、ヨハネもまた独特の目線からイエス・キリストを証ししています。 特に印象的で、かつ「疑い深い人だ」と誤解されている使徒、トマス...
メッセージ

12月20日:種蒔く救い主の誕生

”救い主”、”メシア”と聞いて、どんな方をイメージされるでしょうか?旧約聖書には、メシアの預言が沢山あります。ダビデ王の系譜である、とか全ての国を統べる主権と栄誉を持っているとか、強く勇ましく厳しいイメージが多いです。 救い主イエス...
メッセージ

11月1日:選びと救い

今回は選びと救いについて歴史から、みことばから、考えてみたいと思います。主はアブラハムがまだ”アブラム”だった頃、バビロニア、ウルの地から彼を選び出し、彼を通してイスラエルの民を造られ、律法を与えました。ユダヤ人は選びの民なのですが、なぜ...
メッセージ

10月25日:「沈黙」しない「啓示」する神

「あなたにご自身をあわらしておられる神様」をご紹介したいと思います。今の世界を神は黙って見ておられません。私たちは誰もがこの「啓示する神」とつながる事ができます。祈りに応えてくださる神です! 究極の状態での神の「沈黙」 しばら...
メッセージ

7月5日:終末論-艱難に至る-

この預言のことばを朗読する者と、それを聞いて、そこに書かれていることを守る者たちは、幸いである。時が近づいているからである。黙示(啓示)録1:3 終末論の学びは祝福となります。今回は艱難に至るそのスケジュールと、実現可能になった預言...
メッセージ

5月3日:「天国人として生きる」勧め

新型コロナウィルスには十分警戒しつつ、イエス・キリストのご再臨がスタンバイしている今、どのような生活をしていったら良いのでしょうか? やるべきことがいろいろとあります。残された日々、現実の具体的な1つ1つが未来につながっていきます。そして...
メッセージ

4月26日:先が見えないけれど、平安がある!

「この後どうなるのですか?」と現実に起こっていることに関して、聖書はどのように言っているのかと問われて、聖書預言から、世界の国々がこれからどうなるかをお伝えしました。すると「その先はどうなるのですか?」とさらに問われて、言葉に詰まってしま...