ユダヤ人

メッセージ

4月17日:聖書終末預言⑰第2の封印 仕掛けられた戦争

ウクライナ戦の火の粉が日本に飛び火?通達なしにウクライナに武器を供給し日本も参戦か? 制裁で苦しむ制裁側の国民を尻目に、ボロ儲けで笑いが止まらない人たち超正統派ユダヤ人ラビたちのまともな考え?あえて戦争を長引かせたい人たち? 艱難期...
メッセージ

4月10日:聖書終末預言⑯GR7年艱難期の始まりと第1の封印

ウクライナのゼレンスキーが「大イスラエル建国」を発表し、イスラエルの国旗ダビデの星を掲げています。どういうことでしょう。前回のメッセージをお聞きくださった方は、かなり真相が見えてこられているのではないでしょうか? 表面に出ている問題...
メッセージ

4月3日:聖書終末預言⑮ 真のユダヤ人と偽ユダヤ人

ユダヤ人、ユダヤ系国際金融資本家など、毎日耳にするユダヤ人について、結構混乱していませんか。ユダヤ人の方々も迷惑されているのではないでしょうか?偽ユダヤ人が世の終わりには、世界を支配して来る。教会の中にも入り込んでくると警告…  助けてい...
メッセージ

6月6日:信仰の父、アブラハムの子孫①

これから私たちJBEの礼拝後の学びは、『ローマ人への手紙』に入りますが、その4章に『アブラハムは、私たちすべての者の父です。(4:16)』と書いてあります。聖書全体が映し出された書、と言われるローマ人への手紙において、”救いとは何か”を学...
メッセージ

11月22日:正しい人

新約聖書、ルカの10章25節から37節には、「どうしたら永遠のいのちを受け継ぐことができるでしょうか」と聞く律法の専門家と、彼に『善きサマリア人』の例え話で返されるイエス様のやり取りが出て来ます。英語でもGood Samaritansとい...
メッセージ

11月1日:選びと救い

今回は選びと救いについて歴史から、みことばから、考えてみたいと思います。主はアブラハムがまだ”アブラム”だった頃、バビロニア、ウルの地から彼を選び出し、彼を通してイスラエルの民を造られ、律法を与えました。ユダヤ人は選びの民なのですが、なぜ...
メッセージ

7月5日:終末論-艱難に至る-

この預言のことばを朗読する者と、それを聞いて、そこに書かれていることを守る者たちは、幸いである。時が近づいているからである。黙示(啓示)録1:3 終末論の学びは祝福となります。今回は艱難に至るそのスケジュールと、実現可能になった預言...
お知らせ

4月12日の礼拝について

日本との時差は3時間に戻ります。 日時:4月12日 2PMより場所:各自の場所で、ZOOMでアクセスしてください! 1:45〜2:00 お互いの安否を確認。よろしい方はマイク画像もONでご挨拶しましょう。OFFのままでもOKで...
メッセージ

12月15日:神のことばのパワーを体験する ―敵の聖書改竄を超えて―

新改訳聖書・共同訳聖書・・・バチカン写本、シナイ写本を使っています。これらはエルサレムより遠く離れた場所であったり、またその内容が粗悪で、研究者の中からも「ゴミ」であると言われています。 AD400年前には旧約聖書が完成しました。そ...
メッセージ

12月8日:神の選びと契約の先行必須条件

申命記7:5~12/神の愛→選び→契約 ★神が愛したからイスラエルの民は選ばれた。選びのきっかけは「愛」私たちが神に示す条件は必要ではなかった。 詩篇103:4/①憐み(ラチャム)・・・子宮を拡大することで(胎児を大切にするよ...
メッセージ

10月13日:人生の歓喜、最大の喜び

今年の10月13日が、ユダヤ暦によれば政治的新年の14日目、夕方よりハグ・スコット(仮庵の祭り)の1週間が始まります。そのため今度の日曜日の夜こそ、イエス・キリストの誕生された日、本当のクリスマスイブです!! 過去、神のマスタープラ...