イエス・キリスト

メッセージ

6月26日:聖書終末預言㉗/第2の角笛、地球の破壊

核爆弾が使われる可能性について、前回見てきました。多くの人類を巻き込んだ核爆弾の使用で、地表の1/3が焼けただれることになるようです。さらに海の1/3が…。一体何が起ころうとしているのでしょうか? なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか...
メッセージ

5月29日:聖書終末預言㉓/続第6の封印;殺戮の中で人類救済・結果

人間の悪い支配者たちが人類を苦しめ、殺害が続く中、天地の造り主は、警告を人類に与えるだけではなく、艱難の中から一人でも多くの人々を救おうとします。神の人類救済の方法は? 人類救済のために遣わされる者たちは、いったい何者で、彼らに待ち構えて...
メッセージ

5月22日:聖書終末預言㉒続・第6の封印;巨大津波と救い

「さる痘」の感染者、天然痘のワクチン製造開始、更なるパンデミックの気配です。 第6の封印が開かれる時、世界各地で巨大津波が襲いかかります。戦争も食糧戦争、飢餓もパンデミックもさらにひどくなるようです。「誰が耐えられるだろうか&#x...
メッセージ

5月8日:聖書終末預言⑳第5の封印;血の復讐

多くの亡くなられた方々が集められた姿をヨハネは見ることになります。  なぜ、彼らはそこに集められているのでしょうか?   彼らは「血の復讐」を求め、無実の証明と裁きを神に求めています。   一体何かあったのでしょうか?   その答え...
メッセージ

4月24日:聖書終末預言⑱第3の封印;食糧戦争飢餓

仕掛けられ仕組まれたウクライナ戦争の中で世界中の人々が苦しんでいます。インフレは最悪です。あえて戦争を長引かせ食糧危機を煽り、艱難期に起こると予見された最悪の飢餓が目の前に迫っている気配です。私たちはどう備え、サバイバルしたら良いのでしょ...
メッセージ

3月13日:聖書の終末預言⑫患難期前② 〜 確実な準備〜

なんと、米が関わる生物兵器研究所がウクライナにいくつも存在していたようです。ネオナチがロシア語を話すウクライナ人を殺してきたことは8年続き、どさくさに紛れて不都合な存在を抹殺、教会もターゲットとされているようです。苦しんでいる人々のために...
メッセージ

3月7日:聖書終末預言⑪- 艱難期前”平和と安全”①-

ロシアとウクライナとの戦争? のメディアの報道や画像や動画には、役者の演出、嘘やヤラセやフェイクが混ざっていて、CGで加工され、2014年の戦争の時の画像や映画のシーンや、ゲームの背景まで、あたかも現在起こっているかのように報道されていま...
メッセージ

1月23日:聖書終末預言⑤ 不法の秘密・邪悪な陰謀

これから何が起こってくると、聖書の預言は告げているのでしょうか? 神の最大級の裁き「ヤハウェの日」は艱難期の最後です。しかし、すでに艱難期に突入したかのような、世界の動きです。サバイバルを考えて、神の預言の言葉による「時のしるし」をしっか...
メッセージ

12月26日:聖書の終末預言① 〜再臨•携挙間近〜

聖書が神の言葉である証拠の1つが預言です。2021年が終わろうとしていますが、神の預言による終わりの時に向かって、いくつかの預言がその通り実現し、また、現在も預言が成就されつつあります。それに続いてこの後何が起こるのでしょうか?  ...
メッセージ

12月19日:心を痛める神③-カインとアベルと私たち-

天地万物を創られた神は、アダムとエバの子供たちにも、心を痛めることになります。「えっ、これで良かったの⁉︎」神の意外な対応!私たちの先入観、聞いた話、私たちの間違った生死感で、聖書が伝えようとしている真理がゆがんでしまいます...
メッセージ

12月12日:心を痛める神②-アダムと私たち-

天地万物を創られた神の心を、絶えず痛めつけてきた人間、しかし、アダム以来勘違いさせられていたこと、間違って、聖書が訳され、誤解されてきたこと、そして、隠されてきた真理があります。 現在もアダムの時から始まっているサタンの陰謀は続いて...
メッセージ

11月14日:神の心は?聖なる戦い⑤

※YOUTUBEにより詳しい動画と音声があります。 神の愛と義 ①ノアの箱舟 これまでは私たちの事について見てきましたが、今回は主がして下さったことを見ていきましょう。先ずはノアの時代です。 神は裁きを下す前に人々を救お...
メッセージ

10月3日:死後にも確かな希望-死後の世界⑥-

たとえ世界がどのように困難な時代に変わったとしも、私たちの生活が圧迫されても、いつでも希望を持って生きていけるように、天地の創り主の大きな助けがあります。それは、現在から始まり、死後、そして、未来へと続く希望です。 今まで、お話しし...
メッセージ

9月26日:信じるってなんだ

日本人にとって「信じる」、「信仰する」という言葉はとても重く感じるのではないでしょうか?!ハードルが高い感じがします。でも、聖書には「あなたの信仰があなたを救った」とか「イエス・キリストを信じる信仰」、「イエス・キリストを信じることによっ...
メッセージ

9月19日:死後の世界⑤イエスがハデースに遣わされた5つの目的

十字架の直後、イエス・キリストが遣わされた死後の世界、ハデースで、成し遂げてくださった5つのこと、ご存知ですか?もし、イエス・キリストがハデースに遣わされなかったら、大変なことになります。皆さんと考えてみたいと思います。 ※より詳し...
メッセージ

9月5日:死後の世界④ ハデスからの救出

聖書を知らずに、ひょっとしてハデースに行ってしまったかもしれない私たちの先祖たち、大切な人たちのために、イエス・キリストが成し遂げてくださった救い、預言とその意味と方法など、聖書に基づいて考えてみましょう。※より詳しい音声はYOUTUBE...
メッセージ

8月22日:死後の世界 ③ ハデスからの切なる願い

誰もが避けては通れない『死ぬこと』と、聖書によると『死後に裁きを受ける』こと。前回のルカ16章と、ルカが書かなかった31節の続き…。 ハデスにおいてハデスの苦しみを超えた苦痛? ハデスにいる人たちの切なる願い?私たちの亡くなった親族...
メッセージ

8月15日:祈り-Ⅰ歴代誌4:9-10より-②

ヤベツはイスラエルの神に呼ばわって言った。「私を大いに祝福し、私の地境を広げてくださいますように。御手が私とともにあり、わざわいから遠ざけて私が苦しむことのないようにしてくださいますように。」そこで神は彼の願ったことをかなえられた。Ⅰ歴代...
メッセージ

7月4日:放蕩息子より‐愛を求めてどこへ行くのか-

放蕩息子のたとえ話 ある人の二人の息子のうち、弟息子の方が「お父さん、財産のうち私がいただく分を下さい」ととんでもない要求をします。そこで父親は財産を二人に分けてやるんですが、それを持って弟は家を出て、遠い国へ旅立ってしまいました。...
メッセージ

5月2日:666 獣の刻印、慰め、賞を得るために走る!

イギリスでワクチンパスポートが始まりました。日本でも導入に働きかける経団連、マイクロニードルプラットフォーム、「ムー◯ショット計画」、行動制限、言論統制などなど、艱難期に起こるとされる預言が具体化しているようにも見えますね。実際はどうなの...